逗子から南へ葉山を経て三浦半島の西岸=相模湾側を延びる国道134号線が京急三崎口駅に到る直前、半島の壮観な断層を登る坂の手前に広大な駐車場を拡げたホームセンターを見ます。
 そのホームセンターの裏手となる入江の先に黒崎の鼻と呼ばれた小岬を見ますが、この小岬突端の壇上を芝が綺麗に展がって、素敵な天然の展望台を供してくれています。
 この天然の展望台から望む夕陽がまた格別で、缶ビールを傾けながら暫し瞑想に耽った時間が実に楽しかったのです。