藤沢市の北部に葛原という地名を見ます。
 そこに皇子大神なる社号を称える神社を見て、祭神を葛原親王としています。
 京奠都を成した桓武天皇が多治比真宗に生ませた皇子であり、その長子・高棟王は朝廷より平姓を授かり、後裔は公家平氏として長い系譜を後世に止めましたが、所謂坂東平氏と呼ばれる平安前期の関東に拡がった封建領主らの祖となる平高望の父として高棟王の弟であったとする高見王の名は『公卿補任』に顕れず、その実在性を疑う学者を多くします。
 しかしながら、相模の地に葛原親王を祀る神社を今に遺し、鎌倉に見る葛原ヶ岡の名称などを思うと、葛原親王の次子・高見王は幼い頃より坂東の地にて過ごし、その子と伝える平高望が上総介に補任され斯地へ赴くに当たって暫時逗留した地を逗子の地名の由来とし、逗子市内を流れる田越川を遡ると横須賀市との境界を成す丘陵を越えれば船を停泊させるに恰好の深浦湾の入江を見て、平高望が父・高見王の住した相模の地より任国・上総へ向かったものと想像することができます。
 田越川の河口近く、平家の祖・正盛より6世とし、平家嫡系最期となった人物の墓所が見られます。