菱川師宣の生誕地として識られる千葉県鋸南町の上佐久間老人福祉センターに併設された日帰り温浴施設は都会の塵埃に塗れて疲れ切った躯をリフレッシュさせてくれる当に恰好の湯治場ですね。
 安房国平群へぐり狭隈さくま郷は13世紀の初め東京湾を挟んだ向かい側となる相模国三浦郡に繁衍した武家の一族となる和田義盛の孫が支配していましたが、祖父が北条義時によって滅ぼされた為に越後へ逃れ、その後義盛の曽孫となる佐久間家盛が承久の乱の軍功に因って尾張国愛知郡御器所ごきそ郷(名古屋市昭和区)の地頭職を与えられたと伝えます。
 この佐久間家盛の後裔が織田信長の家臣であった佐久間信盛ですね。